カテゴリ:手編み > インテリア小物

ついった画像2020-11-01

こんにちは、m-chanハンドメイドでございます。
アクセスしていただき誠にありがとうございます!!!


今回は最近作ったものを画像と簡単な説明でご紹介します。


作り方はコイルロープの手法と手編み(かぎ針と棒針)です。
どれも割れにくく作業がしやすく色も楽しめる段染めのソックヤーン(靴下用の毛糸)を使っています。




まず最初は
コイルロープで作ったメガネ用トレイ
メガネトレー002
段染めのソックヤーンと黒単色ののアクリル毛糸で作りました。
コイルロープのやり方はこちらの「ミニ猫ちぐらの作り方」を参照してください。
底を楕円にして作ります。


夏はタコ糸とカラフルな毛糸で作った平たいトレイをメガネ入れにしていましたが、
形的にはちょっと小さくして高さを持たせて斜めに入れる方が使いやすい今回の方がお勧めです。


編み物のトレイも素敵ですが、アウトドア用のロープを芯にしてコイルロープで作ると
出来上がりもしっかりしていいですよ。
大きいものを作るときは芯のロープも巻く糸も太目にしてみてください。


ソックヤーンは今回はセリアのミルフィムという糸を使用しました。
セリアミルフィムJAN001

最近は100均にもソックヤーンがあるんですね、かわいくてびっくりしました。
段染めの毛糸を使うのは糸を替えなくても色が変化するので面白いからです。



上の画像右に写っているのはミルフィムで作ったかぎ針編みのがま口です。
がま口単独の画像はこちら
100均ソックヤーンの細編みだけのがま口
ミルフィムがま口001
よくあるやり方ですがかぎ針で細編みを増やし目しながら
円に編んで途中から増やし目を止めて好みの高さになったら
がま口の口金を編み付けています。

タグは革の切れ端があったので半田ゴテで「M」と書いてみました。
もっとちゃんとした革のタグ作りたいですが間に合わせで作ってみました。
段染めソックヤーンは靴下だけでなく小物もいいですね。


次にご紹介するのは
筒状のポテトチップスの空き箱で作ったリモコン入れ

リモコン入れ001

これ底はかぎ針編みの細編みで円を編んで側面は鎖部分を
同じ数で拾って棒針でメリヤス編みにしています。

底をかぎ針編みにすると安定感がありますし最初に好きな大きさにしてから側面に移れました。
この作り方はお勧めします。
念のため、このポテチは中袋に入っていましたので外箱はベタベタしませんでしたよ。
リモコン入れ002

箱より数センチ長く編んで中に折り曲げています。

リモコン入れ003




最後は
リリアンで編んだグラスコード
です。
リリアングラスコード001

グラスコードはけっこう肩が凝ったりジャラジャラしたりして苦手ですが
ここ数年「細かい字を読むときは近視用メガネをはずす」という作業が増えまして(オホホ)、
必用にせまられてアクリル系の毛糸で作ったら
軽くて首回りにコードが触れて痒くなることもなく肩も凝らないので手放せなくなりました。
リリアンはたまたま家にあったのでこの木製を使いましたが100均のもので大丈夫です。


取り付けるパーツはダイソーで買った既成のグラスコードを分解して流用しました。
でもこのパーツはメガネから外れやすいのでそれが難点です。
ネットなどで売っているグラスコードパーツはどうなんでしょうね。
リリヤングラスコードダイソー部品001
こちらがダイソーのグラスコード



本日はこれにて終了です。

最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

m-chanハンドメイドを参考に何か作られてSNSに紹介される場合は
#m-chanハンドメイド」を入れて頂くと見に行けるのでとても嬉しいです。


ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

大変励みになりますので良かったらクリックしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんにちは、m-chanハンドメイドでございます。
アクセスしていただき誠にありがとうございます!!!


今回は前回お伝えしたミニ猫ちぐらの作り方の「コイルロープ」で
作ったハロウィン仕様のミニちぐらです。


ところでこのブログ、いつもその回を象徴する画像から始まるのですが
今回はそうではありません。


なぜかというと私が作ったジャックオランタンが怖すぎるので
最初にお見せするのを躊躇してしまいました。





ということでその怖い出来上がりはこちらです。
ハロウィンちぐら002



こんな声が聞こえてきそうです。
ハロウィンちぐら001



そうでもないですか?
でもなんだかハロウィンとは世界観が違うというか和風?和製?
水木しげる先生の描かれる妖怪ぬらりひょんに似ている気がします。


魔夜峰央先生もこんな感じのぬらりひょんを描いていらっしゃいました。
私としてはカワイイものを作りたかったので
作りながら「こんなはずじゃ…」と思いながらでもとうとう最後まで作ってしまいました。
かぼちゃおばけ003





やっぱりこれ世界観違いますよね。
こういう物をお供えしたくなります。
かぼちゃおばけ002


しっくりきます。




だいたいの作り方は「前回」を参考にしてください。
今回違うのは「口と鼻とてっぺんの緑のヘタ部分」です。
ハロウィンちぐら説明001


「口」はちぐらの入り口の作り方で「鼻」と「目」は
芯に毛糸をぐるぐる巻いて本体から浮かせています。
鼻の段で口の上部で芯に毛糸をぐるぐる巻いて長めに作り、
次の目の段で両目の2か所を長めに作り下段の鼻の両脇(画像のここで留めています、
の部分)で留めています。


目の部分のせいで多少波打ってしまいますが気にせずそのまま巻き続け、
ヘタの部分は緑の毛糸に替えて2段くらい巻いてヘタの先は針金を一緒に巻き、
巻き終えたら後糸始末します。
糸始末は針で毛糸を巻いたところにくぐらせます。
針金は無ければ使わなくてもかまいません。
葉っぱや細いツルをつけてもいいですね。

通常ジャックオランタンの鼻は底辺がある三角形「▲」ですが、
ちょっと難しかったので「▼」にしています。
目は「▲」です。


巻いている糸は100均のオレンジとみどりのアクリル毛糸です。
毎年この時期からオレンジ・黒・紫の毛糸や布などハンドメイド材料は
売り切れてしまうことも多いので
もしもm-chanハンドメイドのジャックオランタンちぐらを作ってみたい方は
(あまりいらっしゃらないかもしれませんが)お気をつけください。
私の近所の100均ショップは9月27日時点でオレンジの毛糸はまだまだありました。



今回は以上です。

ところでネットでちぐらを検索していてハムスターや小鳥のために
ちぐらっぽいものを編んだり巻いたりして作っている方がけっこういました。
飼ったことがないのでサイズ感がわからないのですが作ってみたくなりました。
作ったらアップしますね。
あともっと実用的なトレイなどもアップしたいと思っています。


最後までご覧いただきありがとうございました。




ランキングに参加しています。
とても励みになりますのでもし良かったらクリックしてください。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ