猫首輪タイトル画像002



今回は猫ちゃん用の首輪を作ります。


猫の場合は家の中で飼う場合に首輪は特別必用ありませんが、
気を付けていてもいつの間にか外に出てしまい迷子になってしまった場合に備えて
連絡先を書いたタグ付きの首輪をつけている方も多いのではないでしょうか?


市販の首輪もカワイイのがたくさんありますが、
うちでは一度首輪で毛が擦れてその部分だけ毛が抜けてしまったことがあり、
それ以降は手作りの柔らかい布製にしています。
装飾は無く、連絡先をプラ板で作ったタグに書いて縫い留めています。


ということで
今回作る猫用首輪の特徴】です。

・抜け毛になりにくい柔らかい生地、爪がひっかかりにくい生地で作る。
・首輪本体の色は例えば「赤い首輪をした三毛猫を探しています」というように人に伝えて
 すぐ理解して貰いやすいはっきりとした色や柄を使う。
・連絡先タグを付けられるようにする。
・タグ以外の装飾はせずシンプルで猫の生活に邪魔にならないようにする。
・素材はコットンとプラスチックなので手洗いで洗濯できる。

です!



今回作る首輪のサイズをお知らせします。



首輪のサイズ
成猫用で、長さ調節ができます。
最長:28cm
最短:タグを縫い付ける位置で最短長さは変わります。
スリムな猫ちゃんは最初から短く作ってください。



それでは首輪本体の材料の説明です。


毛が抜けにくい猫に優しい首輪本体の材料

猫首輪001




ダイソー 「猫の首輪」
これはプラ金具(セーフティバックル)のみ使用します。
その他市販の猫首輪用セーフティバックルでも可能です。
いくつか市販の首輪を使いましたがダイソーのものがすぐ手に入り
(ダイソーがお近くにあればですが)、
引っ張ったとき外れやすい(これ肝心です)のでいつもこれを使っています。
ただし分解してプラ金具のみ使用しますので安全性の面でご心配の方はご使用をお控えください。
猫首輪002

ネットなら金具のみの販売もあります 
私が以前楽天で購入したのはこちらです。

カラータイプ ネコ首輪外れる安全バックル

このお店はバックルの他の金具もあります。


ここでセーフティバックルについての個人的な見解です
猫の場合首輪のバックルは何かに引っかかったときすぐに外れるような仕組みになっています。
市販のものもほとんどがそういう作りです。
私の場合はプラ板に電話番号を書いたタグを首輪に縫い付けています。
首輪が取れてしまったら元も子もないのかもしれませんが、
引っかかった首輪が取れないことの方が怖いのでそうしています。



コットン布
4cm×37cmにカットする。
長さが足りない場合は縫い繋いでもOK。今回説明画像では2種類を繋ぎました。
綿シーチング、綿ブロード、薄めのTシャツ生地など。
カットクロスやはぎれを縫い繋いでも可能です。
首輪による抜け毛防止のための首輪ですので
触ってみてゴワゴワしない肌当たりの柔らかい生地を使用してください。
レース生地など爪に引っかかりやすいものは避ける。
けっこう汚れますので(うちだけかもしれないですが)洗濯できるものにしてください。
猫首輪005



片面接着キルト芯(厚さ3~4mm)
サイズは8mm×35cmにカットする。
ダイソーや手芸店にあります。手芸店では切り売りが多いです。
目的は少しふわっとさせたいということなので無ければフェルト布などでも可能です。
猫首輪006



スチームアイロン
接着芯を貼る際に使います。


家庭用 細口 手縫い糸
無ければミシン糸でも刺繍糸でもその他縫いやすければOK。
画像の赤い糸は細目のボタン付け糸です。赤い細口糸が無かったのでこれで縫いました。


手縫い針 


糸切りばさみ


布裁断バサミ


ものさし、メジャー

チャコペンなど
 布や接着芯を裁断するために印を付ける場合に使います。
 鉛筆などでもOK。

以上主に必用なものを書き出してみましたが、抜けていたらごめんなさい。





それでは首輪本体から作っていきます。


毛が抜けにくい猫に優しい首輪の作り方


1.
布とキルト芯をカットする。
猫首輪007-1

2.
アイロンで布にキルト芯を貼る
アイロンは中温で最初接着芯の上からかけ、その後生地側からかける。
画像は貼る位置を間違っていますので数字の通りに布端から10mmのところに貼ってください。
猫首輪007



3.
縫い代にアイロンをかけて折る。
猫首輪008



4.
針に糸を通し、玉結びをして縫い始める。
縫いはじめは玉結びを隠すために裏から表に針を通す。
猫首輪009



5.
縫い方は「コの字とじ」
片側を3mmすくって縫い、次に反対側も3mmすくって縫い糸を引き締める。
猫首輪0010



6.
画像のように上の布と下の布を繋ぐ部分は垂直に針を通すと
糸を引き締めた時に糸が見えにくい。
猫首輪0011



7.
このようになっている。
猫首輪0012



8.
端まで縫ったら玉止めをする。
猫首輪0013




9.
針を隙間に通し入れ離れたところから出す。
猫首輪0014




10.
糸を引っ張って玉止めを中に隠し、糸を切って切った先も布に入れる。
猫首輪0015



11.
端は金具を付けるときに縫うのでここでは縫っていない。
猫首輪0016



12.
ダイソー「猫の首輪」の金具を取るために分解する。
ここで重要なのは
分解する前に金具を付ける位置を見るため画像を撮っておくこと」です。
猫首輪003




この商品の場合プラ金具は4個ある。
ダイソーのものでも上の商品画像のバンダナ付きの場合は2番が無くて3個しかない。
猫首輪004


猫首輪0017




金具を付けていきます。


13.
金具の1番と2番を画像のように付ける。
1の金具の向きに注意と書きましたがこの金具の場合は
どちらでも装着できるようですので同じものを使用する場合は無視してください。
猫首輪0018



14.
このようになる。
猫首輪0018-2



15.
次に3の金具を付ける。
ベルトの厚み・幅によってはけっこうきつくなる。
猫首輪0019



16.
この部分を縫い付けます。
先ほどベルトの両端は縫わなかったのでここでしっかり縫う。
ただしこの部分は皮膚(毛)に当たらないので縫い目が外に出て見えても大丈夫。
猫首輪0020



17.
ベルトの反対側も通す。
ますますきつくなるのでマイナスドライバーなどで押し込む。
猫首輪0021




18.
頑張って押し込む。
猫首輪0022



19.
通した状態。
猫首輪0023




20.
4の金具を付ける。向きに注意する。
猫首輪0024



21.
ベルトを縫い付ける。
この部分は皮膚(毛)に当たるのでなるべくコの字の要領で縫う。
猫首輪0025



22.
首輪本体の出来上がり。右のクリップは撮影の都合上です。
猫首輪0026




次にプラ板で迷子タグを作ります。

今回は縫い付ける小さくてシンプルなタグです。
ぶら下げるタイプはカワイイですが、猫にとって邪魔なような気がするのと
爪などに引っかかりやすい気がするので私はこの縫い付けるタイプにしています。




まず材料の説明です。


プラ板迷子タグの材料

プラバン(白など、透明以外ならOK)
 100均のもので大丈夫です。透明だと縫い付ける本体の生地で文字が読みにくくなります。
 必用なのは1個につき18mm×55mmです。
 こののサイズを加熱すると7mm×22mmになります。

穴あけパンチ
 プラバンのタグを糸でベルトに縫い付けるための穴を開けます。
 100均のもので大丈夫です。画像は一穴タイプですが二穴でもOKです。
 底のカバーがはずせて、後で説明する穴あけ位置の確認ができるものが良いです。
猫首輪タグ001



油性ペン
 
・定規

鉛筆
 
はさみ

オーブントースター
プラ板を加熱するために使います。




プラ板迷子タグの作り方

1.
プラ板を18mm×55mmにカットし、左右の穴開け位置の印をつける。
猫首輪タグ002

★↑の画像の文章で40%の大きさと書いていますが縦横の長さが40%くらいになるの間違いです。



2.
印をパンチの穴の位置に合わせ開ける。底のカバーを外すと位置が見えます。
猫首輪タグ003



3.
油性ペンで連絡先を書く。
個人情報ですので考えてから書いてください。
猫首輪タグ004



4.
オーブントースターを使ってプラ板の袋に書いている加熱時間で加熱する。
過熱後の成形方法も袋に書いています。
縦横の長さは元の40%くらいになります。今回はもっと小さくなりました。
猫首輪タグ005



5.
ベルトに縫い付けて出来上がり。
縫い付ける位置ですが、金具は重さで前の方にきやすいので
私は金具の反対側(首の後ろになりやすい)にしています。
猫首輪0027




6.
出来上がったら画像に撮っておいてください。
万が一迷子になったときに「この首輪をしています」と見せられます。
猫首輪0028





本日は以上です。
最後までご覧いただきありがとうございました。


作られた方、よかったら見せてくださいますととても嬉しいです。



ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 



猫の首輪を作成・使用されるにあたってのご注意
今回は市販の首輪を分解して金具のみを使用しました。
ここ数年はこの材料と作り方で作り、何かに引っかかったのか1度外れていたこともありますが、
猫自体にケガなど負わせてはおりません。
また目的通り、この首輪にしてから首輪の下の抜け毛はなくなりました。
しかしこの材料と作り方で作成した首輪の安全性はどこも保証しておりません。
飼い主さんの判断で安全性に問題があると思われた場合は作成・使用をお止めください。
もちろん猫ちゃんが嫌がった場合ははずしてください。
ご理解頂きますようお願いいたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんにちは、m-chanハンドメイドでございます。
アクセスしていただき誠にありがとうございます!!!


今回は前回お伝えしたミニ猫ちぐらの作り方の「コイルロープ」で
作ったハロウィン仕様のミニちぐらです。


ところでこのブログ、いつもその回を象徴する画像から始まるのですが
今回はそうではありません。


なぜかというと私が作ったジャックオランタンが怖すぎるので
最初にお見せするのを躊躇してしまいました。





ということでその怖い出来上がりはこちらです。
ハロウィンちぐら002



こんな声が聞こえてきそうです。
ハロウィンちぐら001



そうでもないですか?
でもなんだかハロウィンとは世界観が違うというか和風?和製?
水木しげる先生の描かれる妖怪ぬらりひょんに似ている気がします。


魔夜峰央先生もこんな感じのぬらりひょんを描いていらっしゃいました。
私としてはカワイイものを作りたかったので
作りながら「こんなはずじゃ…」と思いながらでもとうとう最後まで作ってしまいました。
かぼちゃおばけ003





やっぱりこれ世界観違いますよね。
こういう物をお供えしたくなります。
かぼちゃおばけ002


しっくりきます。




だいたいの作り方は「前回」を参考にしてください。
今回違うのは「口と鼻とてっぺんの緑のヘタ部分」です。
ハロウィンちぐら説明001


「口」はちぐらの入り口の作り方で「鼻」と「目」は
芯に毛糸をぐるぐる巻いて本体から浮かせています。
鼻の段で口の上部で芯に毛糸をぐるぐる巻いて長めに作り、
次の目の段で両目の2か所を長めに作り下段の鼻の両脇(画像のここで留めています、
の部分)で留めています。


目の部分のせいで多少波打ってしまいますが気にせずそのまま巻き続け、
ヘタの部分は緑の毛糸に替えて2段くらい巻いてヘタの先は針金を一緒に巻き、
巻き終えたら後糸始末します。
糸始末は針で毛糸を巻いたところにくぐらせます。
針金は無ければ使わなくてもかまいません。
葉っぱや細いツルをつけてもいいですね。

通常ジャックオランタンの鼻は底辺がある三角形「▲」ですが、
ちょっと難しかったので「▼」にしています。
目は「▲」です。


巻いている糸は100均のオレンジとみどりのアクリル毛糸です。
毎年この時期からオレンジ・黒・紫の毛糸や布などハンドメイド材料は
売り切れてしまうことも多いので
もしもm-chanハンドメイドのジャックオランタンちぐらを作ってみたい方は
(あまりいらっしゃらないかもしれませんが)お気をつけください。
私の近所の100均ショップは9月27日時点でオレンジの毛糸はまだまだありました。



今回は以上です。

ところでネットでちぐらを検索していてハムスターや小鳥のために
ちぐらっぽいものを編んだり巻いたりして作っている方がけっこういました。
飼ったことがないのでサイズ感がわからないのですが作ってみたくなりました。
作ったらアップしますね。
あともっと実用的なトレイなどもアップしたいと思っています。


最後までご覧いただきありがとうございました。




ランキングに参加しています。
とても励みになりますのでもし良かったらクリックしてください。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ちぐらブログ用タイトル画像001

こんにちは、m-chanハンドメイドでございます。
アクセスしていただき誠にありがとうございます!!!


本日は私が最近はまっているDIY、コイルロープバスケットの手法で作るミニ猫ちぐらの作り方をご紹介します。


猫ちぐらと聞くと大量の藁や紙ひもを用意したりサイズも大きくなんだか場所をとるイメージですが
これはミニサイズですのでテーブルの上で椅子に座ってゆったりと、
また道具も家にあるものや100均などですぐ買えるもので作れます。


実を申しますと家にこの本↓があるのを思い出して引っ張り出して
本物を作ろうかなと思ったのですが今の私には無理な気がしまして…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

猫つぐらの作り方 藁や紙紐で編む猫の家 [ 誠文堂新光社 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/9/22時点)



でも小さいサイズならなんとかできそうだし見た目も可愛いかもということで
コイルロープバスケットの作り方で作ってみました。
本での猫ちぐらの作り方とは違いますので
本物を作りたい方は本の方を参考になさってください



というわけで
本物の猫ちぐら作りをあきらめた方、本物をいつか作ってみたい方、
理由はないけどミニ猫ちぐらを作ってみたいという方、ご一緒に作りませんか?


それではまず作る方法コイルロープバスケットについてご説明します。


コイルロープバスケットとは
コイルロープバスケットはロープバスケットという言い方もあるようです。
芯にするロープや紐に別の紐や糸をぐるぐる巻きつけたり、
ロープ自体を接着剤をつけながらぐるぐる巻いていったり、
芯に別の糸を編み針で編み付けていったりといろいろな方法で作るカゴやトレイです。
共通するのは芯をぐるぐる巻いていく作業です。
今回は芯に別の紐や糸を数回巻いては一段下に針を通して固定する方法にしました。



ミニ猫ちぐらの用途
サイズは5センチ×5センチ×7センチ(ループ含む)くらいなので
何かを入れるにはちょっと小さいです。
青ちぐらサイズ説明001



したがって今回ご紹介するちぐらの用途は無く、
ただ好きな糸で作って楽しむ、それだけです。

ただしこのコイルロープの作り方ができれば実用的でもっと大きなインテリア小物も作れます。
後の方で少し紹介していますので見てくださいね。



では構造を説明します。



ミニ猫ちぐらの構造

こちらは巻かれる方の芯は後で紹介するキャンプ用ロープを使用し、
巻いているのはタコ糸です。
ちぐらブログ用作り方構造001



底の中心から巻き始めて
ちぐらブログ用作り方構造002



天井の中心で巻き終わります。
ちぐらブログ用作り方構造003



側面はこんな感じで入口部分は折り曲げて巻きます。
ちぐらブログ用作り方構造004

芯は切らずに1本を使用するのが望ましいです。
巻く方の糸や紐は針に通して巻くので1回に50cmくらいを使用し、
短くなったら新しい糸や紐に替えます。


次に作るのに必要なものを紹介します。

ミニ猫ちぐらを作る材料と道具

芯にするロープなど
 今回はダイソーのキャンピング用ロープ12メートルを使用しました。
 右のカラーひもは今回は関係ありません。
ちぐら必用なもの001

猫ちぐらの場合の芯は張りがあってある程度硬いものが良いです。
上のようなテント用ロープなどが合っています。
インテリア用の小物入れやボウルなどでは柔らかいものでもいいかもしれません。
用途によって変えてみてください。


巻きつける紐や毛糸
今回はタコ糸、アクリル毛糸3種類で作ってみました。
コットンやウールなどもいいですね。
ただし何度も狭いところに針で通すので糸の撚りが甘いものや
ファンシーヤーンみたいなものだとボロボロになる可能性があります。
アクリル毛糸でも結構毛羽立ちました。
ちぐら必用なもの002
右の細いたこ糸はダイソーのもの



ちぐら必用なもの003
こちらはすべて100均の毛糸です。単色や段染めなどお好みなもので



糸と芯を切るハサミと毛糸用とじ針
ちぐら必用なもの004
とじ針は巻き付ける糸や毛糸に合わせてください。針もハサミも100均のもの。
とじ針は手芸コーナーにあります。


以上です。




それでは作り方を画像で説明します。

ミニ猫ちぐらの作り方手順
今回説明に使うのは真ん中の青いアクリル毛糸を巻いたもの。
芯がキャンプ用ロープ、巻いたのがアクリルの並太毛糸。
ちぐらブログ用青白001




1.
50センチくらいの巻き付ける糸をとじ針に通しておく。
ちぐら作り方手順001




2.
芯のロープの端から1センチくらいのところから毛糸を巻く。
毛糸の端は巻きこんで隠すため巻き始めは画像のようにする。
ご注意:これ以降クリップを使っていますが
撮影のためで作る際には必用ありません。
ちぐら作り方手順002





ご注意:糸を巻いたり隙間に通したりする際はきつめにキュッと締める


3.
芯に2センチほど糸を巻いて芯を折り曲げる
ちぐら作り方手順003



4.
画像のように2本をひとつに巻き中心の輪を作る
ちぐら作り方手順004




5.
丸く曲げて針で中心の輪の穴から手前に毛糸を通す
ちぐら作り方手順005




6.
今回は5回毛糸を芯に巻いて6回目で裏から中心の穴に
針を通して固定している
ちぐら作り方手順006
ご注意:作る大きさや用途、材料によっては巻き付ける回数を変える
巻く回数が少ないほどしっかりと固くなる
物を入れるトレイやボウルなどには巻く回数を少なくする方が安定する




7.
中心の輪の周りを一周巻いて留めたところ
ちぐら作り方手順007
画像ではやっていませんが、段数を判断するため
段の終わりの留めの部分に編み物用のマーカーか
短い別糸を通して結び印しにするとよい
★これ以降底の部分は毛糸を5回芯に巻いて
6回目で一段下の段に針で通して止める




ここで糸の替え方を説明します。



8.
糸の替え方1:毛糸が短くなったら針で芯に差し通して短く切るちぐら作り方手順008



9.
糸の替え方2:次に新しい毛糸を針に通しまた芯に差し通す
ちぐら作り方手順009




10.
新しい毛糸で前の糸と今の新しい糸の端を巻き込んで作っていく
ちぐら作り方手順010




11.
底の部分を終え、次に側面を作っていく
1段目の終わりの延長線上(画像では破線部分)で側面に移行する
ちぐら作り方手順011




12.
横から見てこういう風に芯を立ち上げる
ちぐら作り方手順012




13.
側面を1周したところ
ご注意:側面から天井にかけては歪まないようにするために
芯に糸を2回巻いて3回目で下の段に通す
ちぐら作り方手順013




14.
横から見ると垂直に立ち上がっている。
★今回は垂直に立ち上げたが、出来上がりによっては
カーブをつける場合もある
★糸は2回巻いて3回目で下の段に通して固定する
ちぐら作り方手順014





15.
画像の位置まで作ったら側面に入口を作るのために折り返す
ちぐら作り方手順015




16.
折り返しの手前で下の段に通して留めるのを2回にして安定させる
芯に何回か巻き付け折り曲げる
ちぐら作り方手順016




17.
折り返した後下の段に通して留める際も2回行う
ちぐら作り方手順017




18.
反対側も同じようにして入口を作る
ちぐら作り方手順018




19.
左右各2回折り返したあと入口の天井を作るために
画像のように芯に毛糸を巻く
ちぐら作り方手順019





20.
巻く幅を入口の幅と合わせてまた2回通して反対側で留める
ちぐら作り方手順020





21.
次の段では天井を閉じていくため、芯を少しずつ内側に倒して作っていく
ちぐら作り方手順021




22.
芯を倒す角度(屋根の角度)はお好みで
ちぐら作り方手順022




23.
このように天井ができていく
ちぐら作り方手順023





24.
芯が通るくらいの隙間まで作ったらループを作るために
芯に毛糸を巻き付ける
ちぐら作り方手順024




25.
好きな長さで毛糸を芯に針で刺し、芯は一(ひと)結びする
ちぐら作り方手順025




26.
芯の結び目に針で毛糸を通し毛糸と芯を短く切る
ちぐら作り方手順026




27.
結び目を隙間に押し込んで隠す
ちぐら作り方手順027






28.
出来上がり
ちぐら作り方手順028



ご注意
芯に糸を巻いたり下の段に通して巻いて固定する際は
キュッと締めてください
ゆるいと側面や天井の場合は歪みや凹みが出ます。
底はちぐらの場合は多少ゆるくても良いですが、物入れにする場合は
底も安定させるために締めて作ってください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


次にバリエーションをご紹介します。


トレイやボウルを作ってみる
こちらはタコ糸やコットン毛糸を巻き付けたトレイです。
コイルトレイメガネ001
これしっかり硬くてとても重宝しています。


底はコットンの編み糸、側面はタコ糸で途中で一部
グリーン単色の糸に替えています。
コイルトレイメガネ002



これは麻紐と刺繍糸で作りました。持ち手を付けています。
持ち手は芯に糸を巻いて本体から浮かせてまた本体に固定します。
コイル飴入れ001




ちぐらのように天井を作らないトレイやボウルなどの場合は芯を切って
糸や紐を巻き付け針で下の段の巻き付けた部分に通して始末します。
ちぐら作り方手順側面での処理
これはあまり上手ではないのですがわかり易い画像なので使いました。
みなさんは芯を斜めにカットするなどしてなだらかに作ってください。



途中で糸を替えて楽しむ
このように途中で糸を替えるとアクセントになります。
ちぐら作り方手順途中で糸替え




段染めやグラデーションの糸で楽しむ
段染めやグラデーションの糸を使うと色が楽しめます。
ちぐらブログ用カラフルアクリル001
これは本体を作った後に耳の部分を別に作っています。
耳の下の方は本体に差し込んで固定しています。



これも段染め糸を使用しました。屋根もちょっと変えています。
糸やデザインを変えると違うものみたいです。
ちぐらブログ用デザインヤーン001




作り方は以上です。

作られた方、よかったら見せてくださいますと私はとても嬉しいです。
ライブドアブログに画像を送る方法がわからないのでとりあえずこちらへお願いいたします。
●ツイッターアカウント(m_chan_handmade)
●Instagramアカウント(m_chan_handmade_love)


追記です。
ハムスターなど小動物用のちぐらを作ってみました。
はむちぐら001
インスタに他の画像もあります。


はむちぐら2-001
これも他の画像はインスタにあります。こちらです。







今回は「ロープバスケットで簡単に作るミニ猫ちぐら」のご紹介でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。




ランキングに参加しています。
大変励みになりますので良かったらクリックしてください。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ